我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も得した気分になる?美肌関連について書いてみた

今日では技術が向上し、プラセンタが持つ効能のある成分を問題なく取り出すことが可能な状況となり、プラセンタの多彩な作用が科学的にきちんと立証されており、更に詳細な研究も行われているのです。

10〜20歳代の健やかな状態の肌にはセラミドが多く保有されていて、肌も水分をたっぷり含んできめ細かくしっとりしています。けれども、加齢と共にセラミド含有量は少量ずつ減少していきます。

肌に備わっている防護機能で水分の蒸散を防ごうと肌は頑張るのですが、その大事な働きは年齢を積み重ねるにつれて徐々に衰えてくるので、スキンケアを利用した保湿により足りない分を補給してあげる必要が生じます。

現在に至るまでの研究の結果では、このプラセンタエキスにはただの栄養素としての多様な栄養成分だけというのではなく、細胞が分裂する現象をちょうどいい状態に制御する作用を持つ成分があることが発表されています。

皮膚の一番表面にある表皮には、硬いタンパク質を主成分とする強い角質層で覆われた層があります。この角質層内の細胞同士の間に存在しているのが人気の「セラミド」という細胞間脂質の一つです。