我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

知っとく!きれいな肌を作るケアを綴ってみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

体内のあらゆる部位で、休むことなく酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と各種酵素による合成が行われ新しいものにチェンジされています。加齢が進むと、この絶妙な兼ね合いが崩れることとなり、分解される割合の方が増えてきます。

現時点までの研究で得られた知見では、胎盤から抽出されたプラセンタには単純な栄養素である栄養成分だけではなくて、細胞分裂の速度をちょうどいい状態に制御する成分がもとから含まれていることが明らかになっています。

日光にさらされた後に一番にやるべきこと。何と言っても、確実に保湿すること。この保湿が一番大切なのです。加えていうと、日焼けした直後というだけではなくて、保湿は日課として行うことが肝心なのです。

市販のプラセンタにはどの動物由来であるかの違いとその他に、日本産、外国産があります。とても厳しい衛生管理状況下でプラセンタが生産されているため安全性を考えるなら当然ながら日本で作られたものです。