我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もとりあえずきれいな肌を保つ方法の要点を綴ってみる。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

「美容液は価格が高い贅沢品だからたっぷりとは使う気にならない」という声も聞きますが、肌に栄養を与えるための美容液をケチケチと使うくらいなら、初めから化粧品を買わない生活を選んだ方が良いのかもとすら感じてしまいます。

健康な美しい肌を維持し続けるためには、かなりの量のビタミンを取り入れることが不可欠ですが、実のところ皮膚組織同士をつなぐ大切な役割を果たすコラーゲンを作り出すためにも絶対になくてはならないものなのです。

身体の中のあらゆる部位において、常時古くなったコラーゲンのアミノ酸への分解と重要な酵素による新たな合成が重ねられています。加齢の影響で、この兼ね合いが崩れてしまい、分解される量の方がだんだん多くなってきます。

プラセンタ含有の美容液には表皮にある基底層の皮膚細胞の分裂を活発にする機能があり、肌の新陳代謝を正しい状態に戻し、気になる顔のシミが目立たなくなるなどの美白効果が期待されます。