我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もやることがないのでつやつや素肌対策の要点を綴ってみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

セラミドは肌の保水といった保湿の能力の改善をしたり、皮膚の水分が出ていくのを食い止めたり、外からのストレスや細菌などの侵入をきちんと防いだりする働きを担っています。

老化に伴う皮膚のヒアルロン酸の低下は、肌の若々しさを大きく悪化させるばかりではなく、皮膚のハリもダウンさせ乾性肌やシミ、しわ生成の要因 だと言われています。

もともとヒアルロン酸とは人間の体内の方々に広く存在している、ヌルっとした粘性液体を指し示しており、生化学的な言い方をするとムコ多糖類の一成分と解説できます。

美容のためには欠かすことのできない存在のプラセンタ。今は基礎化粧品や栄養補助食品など多岐にわたるアイテムにふんだんに添加されています。ニキビやシミの改善の他にも美白など色々な効果が大いに期待されている美容成分です。