我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も何気なくいきいき素肌になるケアの情報を書いてみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

美容液といえば、高額でなんとなくハイグレードな印象を持ってしまいます。歳とともに美容液に対する期待感は高まりはするものの、「贅沢品かな?」「まだ早いかな?」と迷っている方は案外多いかと思います。

コラーゲンを多く含むタンパク質系の食べ物を普段の食事にどんどん取り入れ、その効能で、細胞と細胞が更に密接につながり、水分をキープすることが叶えば、ふっくらとしたハリのあるいわゆる美肌を作ることができるのではないでしょうか。

水分をカウントしない人間の身体のおよそ50%はタンパク質によって構成され、その35%前後がコラーゲンです。コラーゲンが担う主要な機能として知られているのは身体や臓器などを産生する構成部材になっていることです。

プラセンタを使用した美容液とについては、加齢によるトラブル肌の改善や絶大な美白効果などの特定の効能を持つイメージが強い美容液と思われがちですが、触ると痛いニキビの炎症をきちんと鎮めて、ニキビ痕の改善にも有効に働くと評判を集めています。