我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もくだらないですが、つやつや素肌を保つ対策の情報を書いてみます。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

コラーゲンというものはタンパク質の一つであり、何種類かのアミノ酸が結びついて構成された化合物です。人体の結合組織を構成するタンパク質の約3割強がコラーゲン類で成り立っています。

洗顔の後は何もせずに置いておくと化粧水の保湿成分の吸収率は低減します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が酷くなるので、なるべく急いで保湿成分のたっぷり入った化粧水を使わないと乾燥が加速してしまいます。

ヒアルロン酸とは元来人間の体内に含まれている物質で、相当な量の水分を抱え込む能力に秀でた生体系保湿成分で、極めて多量の水を吸収して膨張すると言われます。

セラミドを食材や美容サプリなどの内部からと、美肌化粧品などの外部から取り込むということで、非常に効率よく若く理想とする肌へ向かわせることが可能であろうと考えられるのです。