我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もなにげなーくきれいな肌になる対策についての考えを綴ってみる

現在はそれぞれのブランド別のトライアルセットが豊富にあるから、気に入った化粧品は買い揃える前にトライアルセットを注文して使い心地などを十分に確認するとの手法があるのです。

乳児の肌が水分たっぷりでつやつやとした張りがあるのはヒアルロン酸をたくさん持っているからだと言えます。保水する作用が強いヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさをきちんと保つ化粧水や美容液などに配合されています。

最近耳にする美容成分セラミドは、肌の新陳代謝とともに生み出される“細胞間脂質”であり、3%程度の水分を維持し、細胞同士を接着剤のような役割をして接着させる大切な役割を担っているのです。

体内のヒアルロン酸量は乳児の頃がピークで、30代以降は一気に少なくなり、40歳の頃には赤ちゃんの頃と比較すると、約5割程度に減少が進み、60代を過ぎる頃にはかなりの量が失われてしまいます。

保水作用を持つヒアルロン酸が皮膚の中の真皮で多量の水分を保っているおかげで、外の環境が変化やあるいは緊張感により酷い乾燥状態になることがあっても、肌は大きなダメージを受けることなくツルツルを維持した状態でいられるのです。