我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

取りとめもなくすべすべ美肌を保つ方法の要点をまとめてみる。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

まだ若くて健やかな状態の皮膚にはセラミドが豊富に含有されており、肌も張りがあってきめ細かくしっとりしています。しかし残念なことに、加齢と共にセラミド保有量は減少します。

何よりもまず美容液は保湿する作用をちゃんと持ち合わせていることが一番重要なので、保湿する成分がどの程度添加されているのか確認した方がいいです。数々ある製品の中には保湿機能だけに効果が特化しているものなども存在するのです。

様々な企業の新商品が1パッケージにされたトライアルセットもあって高い人気を集めています。メーカーにとってとても強く力を注いでいる新製品の化粧品を一式にしてパッケージとしたものです。

セラミドとは人の肌の表面において外からのストレスを防御する防波堤の様な役割を持っていて、角質層のバリア機能という大切な働きを実施している皮膚の角質といわれる部分の大事な成分のことをいいます。