我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もくだらないですが、きれいな肌になるケアの要点を綴ってみる。

無添加で有名な化粧水を使うようにしているから大丈夫だろう」と油断している方、その化粧水は本当の無添加品ですか?実を言うと、添加物の中の1つを添加しないというだけでも「無添加」と宣伝して差支えないのです。

40代以降の女の人であれば誰しも気がかりな老化のサインともいえる「シワ」。丁寧な対処法としては、シワに対する効き目が望めるような美容液を毎日のお手入れに使うことが大変重要だと思います。

「美容液」と単純にいっても、多彩なものが存在していて、単純に一言で説明してしまうのは少々難しいのですが、「化粧水と比較するとより多く効果の得られる成分が含有されている」とのニュアンス と近い感じだと思われます。

結構耳にする高機能成分セラミドは、肌の新陳代謝のプロセスの中で生成される“細胞間脂質”を指し、約3%の水を保有して、角質の細胞同士をセメントのような役割をしてつなげる機能を持っているのです。

普通女の人はスキンケアの基本である化粧水をどのようにしてつけているのでしょうか?「手でじかに肌につける」などと答えた方がダントツで多いという調査結果が得られ、コットンを使う方は思いの外少数派でした。