我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もいまさらながら美肌テクについての考えを書いてみる

老いることで顔の印象を左右するシワやたるみが肌に生じてしまうわけは、欠くことのできない大切な要素であるヒアルロン酸そのものの量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが困難になってしまうからに他なりません。

美容液を塗布したからといって、絶対に肌が白くなれるとの結果が得られるとは限りません。通常の確実なUVケアもとても重要です。可能であればなるべく日焼けをしないで済むための工夫を考えておくのがいいでしょう。

プラセンタという単語は英語でPlacentaと表記し胎盤を意味しています。化粧品や健康補助食品などで近頃よくプラセンタを贅沢に含有など見る機会がありますが、これについては胎盤という臓器そのもののことを指すわけではないので怖いものではありません。

無添加が売りの化粧水を意識して選んでいるので大丈夫なはず」なんて考えている方、その化粧水が間違いなく無添加であると確認して使っていますか?本当のことを言うと、多くの添加物の中の1つを配合していないというだけでも「無添加」の製品として差支えないのです。

赤ん坊の肌が水分たっぷりでぴんとした張りがあるのはヒアルロン酸をふんだんに持っているからだと言えます。保水作用が高いヒアルロン酸は、肌の潤いを保つための化粧水などに保湿成分として有効に使用されています。