我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もあいかわらずつやつや素肌を保つケアの情報をまとめてみました。

知名度抜群の成分セラミドにはメラニンの産生を制御し、日焼けなどが原因のシミ・そばかすを予防する貴重な美白作用と肌への保湿で、肌の乾燥や小じわ、肌のごわつきなどの種々の肌の悩みを改善してくれる優れた美肌機能があります。

体内に取り込まれたセラミドは分解されて他の成分と姿を変えるのですが、その成分が皮膚表皮まで行き届くことでセラミドの生合成が開始され、表皮においてのセラミドの生産量が徐々に増加するのです。

洗顔料で顔を洗った後は時間がたてばたつほど化粧水の保湿成分の肌への吸収率は低減します。また洗顔料で洗顔した後が一番乾燥が進んだ状態になるので、即座に保湿できる化粧水を肌につけないと乾燥肌の悪化につながります。

セラミドは肌の角層において、細胞間でスポンジみたいな役割をして水分だけでなく油分も確実に抱え込んで存在する脂質の一種です。肌と髪の美しさを維持するためにとても重要な働きをするのです。

通常は市場に出回っている化粧水などの基礎化粧品や健康食品・サプリメントのプラセンタは馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが主流になっています。安全性が確保できるという面から評価した場合、馬や豚の胎盤を原料としているものが間違いなく信頼して使用できます。