我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

またまたマイナス5歳肌になるケアについて考えています。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃に最大で、30代を過ぎると一気に減り幅が大きくなり、40代を過ぎると赤ちゃんの頃と比較すると、およそ50%まで減ってしまい、60代を過ぎる頃には相当の量が失われてしまいます。

セラミドは肌の角質層内において、細胞と細胞の間でスポンジのような構造で水や油分をギュッと抱きこんでいる脂質の一種です。肌と髪の毛の水分保持に大切な作用をしていると言えます。

注目のプラセンタ美容液には表皮にある基底層の細胞分裂を速める効用があり、表皮の代謝のリズムを正常にさせ、気になる顔のシミが薄くなったり目立たなくなったりするなどのシミ消しの効果が見込まれています。

美白化粧品で肌がかさつくと聞いた人も多いと思われますが、近頃では、保湿にも配慮した美白スキンケアも売り出されているので、乾燥肌を気にしている人は気軽な気持ちで試しに使用してみる値打ちはあるだろうと思われます。