我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もとりあえず愛され素肌ケアの事を書いてみました

美しく健康的な肌を常に保ちたいなら、多くの種類のビタミン類を摂取することが重要となるのですが、実際のところ皮膚の組織同士を結びつける非常に重要な役割を果たすコラーゲンを合成するためにも欠かしてはいけないものなのです。

コラーゲンという成分は、動物の身体を構成する何よりも一般的なタンパク質であり、骨や皮膚、腱、内臓など生体のいろんな箇所に分布しており、細胞同士をしっかりとつなぐための接着剤としての重要な役割を担っていると言えます。

肌への影響が表皮部分だけにとどまらず、真皮層まで及ぶことができてしまうとても数少ないエキスと言えるプラセンタは、皮膚表面の新陳代謝を活性化することによって日焼け前の白い肌を呼び戻してくれるのです。

美容にいい成分として話題のセラミドにはメラニンの産生を防御し、気になるシミやそばかすを予防する大切な美白効果と皮膚への保湿によって、カサつきやシワ、肌のごわつきなどの種々の肌の悩みを阻止する高い美肌作用を持っています。

コラーゲンという生体化合物は伸縮性に富む繊維性たんぱく質で細胞と細胞を密につなぐための役割を果たし、ヒアルロン酸という化合物は繊維状につながって構成されたコラーゲンの隙間に存在することで、水分不足による潤いの低下を予防します。