我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日も暇なので若々しい素肌を作るケアの要点を綴ってみました。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

健康的で美しい肌をキープしたいなら、多くのビタミンを取り入れることが肝心なのですが、それに加えて皮膚の組織同士をつなげる必要不可欠な役割を持つコラーゲンを体内で作り出すためにも欠かすことのできないものです。

専門家の人の言葉として「化粧水をちょっぴりつけても効果はない」「豪快にバシャバシャと使うのが理想的」などというのを聞きますね。実際につける化粧水の量は少量より多めの量の方がいい結果が得られます。

主婦が好む美容液とは、美容に効果のある成分を可能な限り濃縮して、高濃度に添加しているエッセンスで、誰であっても確実に不可欠となるものというわけではないと思われますが、ためしに使用してみると翌朝の肌の弾力感や瑞々しさの歴然とした違いに衝撃を受けることでしょう。

化粧水の持つ大きな役割は、水分を肌にただ与えることと思う人も多いですが、それ以上に、肌のもともとの凄いパワーが十分に機能するように、表皮の環境を健全に保つことです。