我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もやることがないので弾む素肌を作るケアを集めてみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

「美容液」と簡単にいっても、色々なタイプがあって、ひとまとめにこれと説明するのは不可能ですが、「化粧水と比べるとより多く効果の得られる成分が含まれている」との意味と似ているかもしれません。

肌が持つ防御機能によって潤いを守ろうと肌は戦っているのですが、その貴重な働きは老化によって弱くなっていくので、スキンケアの保湿から足りない分を補充する必要があるのです。

化粧水を使う際に、100回前後手で叩くようにパッティングするという方法も存在しますが、このようなケアは正しくありません。肌の弱い方は毛細血管が傷ついて俗に「赤ら顔」と言われる症状のもとになります。

若さを保った元気な皮膚には十分な量のセラミドがあるので、肌も水分たっぷりでしっとりとした感触です。ところが思いとは裏腹に、年齢を重ねるたびにセラミドの含量は少しずつ減っていきます。