我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も取りとめもなく美しさを作る方法の事を綴ってみる。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

保湿の主要なポイントになるのは角質層全体の潤いです。保湿効果のある成分が贅沢に含まれている化粧水で角質層をやわらかくなるよう水分補充し、プラスした水分量が逃げていかないように、乳液とかクリームなどを活用してしっかりとふたをして水分を閉じ込めるといいでしょう。

化粧水を塗布する際「手でつける」方がいいというグループと「コットンを使いたい」派に分かれているようですが、実際にはそれぞれのメーカーやブランドが推奨するスタイルで使うことを奨励しておきます。

皮膚の上層には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質で構成された角質層という部分が覆うような形で存在しています。この角質層を構成している細胞同士の間を充填しているのが話題の「セラミド」と呼ばれる脂質の一種です。

化粧水が持つべき重要な働きは、水分を補給することというよりは、肌がもともと持っているパワーが適切に発揮できるように、肌の状態を調整することです。