我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

やることがないので美肌ケアの情報を調べてみました。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

最近のスキンケアには欠かせない美容液は肌の奥深い部分まで行き渡って、根本から肌を元気づける栄養剤です。美容液の仕事は、通常の化粧品では到達しない肌の奥の「真皮」まで十分な栄養分を届けてあげることになります。

肌がてかてかしがちな脂性肌の人、肌がカサカサになる乾燥肌の人、あるいはどちらも併せ持っている混合肌の人も存在しています。それぞれの肌タイプに対して適合する保湿化粧品が見つかるので、あなたの肌のタイプに確実に合った製品を見定めることが大切になってきます。

プラセンタという言葉は英語でPlacentaと綴り胎盤を意味しています。美肌化粧品や美容サプリメントで最近よく今話題のプラセンタ配合目にする機会がありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを示しているのではないので心配する必要はありません。

注目のコラーゲンという物質は、動物の身体を構成する何よりも普遍的なタンパク質で、皮膚や腱、軟骨、歯茎など生体内のあらゆる部分にその存在があって、細胞と細胞をつないで支えるための接着剤のような役割を果たしていると言えます。