我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

得した気分になる?弾力のある素肌を作るケアを綴ってみました

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

若さあふれる健やかな肌にはセラミドが多量に保有されており、肌も水分をたっぷり含んでしっとりとした感触です。しかしながら、年齢を重ねるたびにセラミドの含有量は減少していきます。

美容液を使わなかったとしても、潤いのある美肌を維持できるのであれば、結構なことのではないかと思うのですが、「物足りなくて不安な気がする」などと感じたなら、年齢にかかわらず毎日のスキンケアに取り入れていいのではないかと思います。

加齢の影響や屋外で紫外線に長時間さらされたりすると、体内のあらゆる箇所に存在するコラーゲンは硬くなってしまったり体内含有量が少なくなります。このような現象が、肌のたるみやシワを作り出す主なきっかけとなります。

本来的には、十分な効能を期待するならヒアルロン酸を1日約200mg超体の中に取り入れることが一番お勧めなのですが、ヒアルロン酸を含んでいる食品や食材はごくわずかで、日常の食事の中で摂るというのは容易なことではないはずです。