我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

私が知ってるすべすべ素肌方法の事を綴ってみました。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

無理に美容液を使わなくても、若々しくて美しい肌をキープできるなら、それはそれでいいと考えますが、「なにか物足りなくて不安」などと感じたなら、年代は関係なくトライしてはどうでしょうか。

ヒアルロン酸は乳幼児の頃に最も豊富で、30代に入ると急速に減少し始め、40歳代では乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60代にもなると大変少なくなってしまいます。

もともとヒアルロン酸とは生体内にある成分で、ひときわ水を抱き込む有益な機能を持った美容成分で、かなりたくさんの水を確保する性質を持っています。

主婦に人気の美容液とは、美容に効果的な成分の濃度をできるだけ高めて、高い割合で含有しているエッセンスで、誰にとっても絶対に不可欠となるものというわけではないと思われますが、使用してみると翌朝目覚めた時の肌の弾力感や瑞々しさの歴然とした差に驚嘆することでしょう。