我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

なんとなーく弾力のある素肌になるケアについての考えを綴ってみます。

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

エイジングや過酷な紫外線を浴びたりするせいで、体内のコラーゲンは弾力性を失い固まってしまったり体内での量が減少したりします。これらの現象が、皮膚のたるみ、シワができてしまう主なきっかけとなります。

肌に備わっている防護機能で水分の蒸散を防ごうと肌は頑張るのですが、その大事な働きは年齢を積み重ねるにつれて徐々に衰えてくるので、スキンケアを利用した保湿により足りない分を補給してあげる必要が生じます。

水の含有量を除いた人間の身体の約50%はタンパク質によって構成され、そのほぼ3〜4割がコラーゲンです。コラーゲンが担う主な働きとして知られているのは身体の皮膚や筋肉、内臓、骨、関節などを作るための素材として利用されることです。

朝晩の洗顔後化粧水を顔に使用する時には、はじめに適量をちょうどいい量を手に取って、体温と同じくらいの温度にするような感じを持って掌に大きく伸ばし、万遍なく顔全体を包み込むようにそっと馴染ませていきます。