我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日も暇なので美肌になる方法についての考えを書いてみます。

知名度抜群の成分セラミドにはメラニンの産生を制御し、日焼けなどが原因のシミ・そばかすを予防する貴重な美白作用と肌への保湿で、肌の乾燥や小じわ、肌のごわつきなどの種々の肌の悩みを改善してくれる優れた美肌機能があります。

人の体の中では、途切れることなく生体内酵素によるコラーゲンの分解と新たな合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われてしまい、分解される量の方が増加することになります。

コラーゲンの薬効で、肌にふっくらとしたハリが戻り、加齢によりシワやタルミを自然に解消することができるということですし、加えてダメージを受けてカサついたお肌に対するケアということにもなるのです。

乳液とかクリームなどを塗らずに化粧水だけ利用する方も見受けられますが、そのケアは大きく間違っています。保湿をしっかり行わないがためにかえって皮脂が多く出てしまったりニキビができてしまったりする場合があります。

顔に化粧水をしみこませるやり方として、およそ100回ほど手で叩くようにパッティングするという話を聞いたことがあるかもしれませんが、このような方法はやらない方がいいです。特に肌が敏感な方は毛細血管にダメージを与えてつらい「赤ら顔」の誘因となります。