我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

どうでもいいけど美容関連について情報を集めています。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

体内のあらゆる部位で、休むことなく古くなったコラーゲンの分解とタイムリーな再合成が重ねられています。加齢が進むと、このうまくとれていたバランスが失われることとなり、分解される量の方が増大します。

化粧品の中でも美容液と聞くと、値段が高く何となくとても上質な印象を持ってしまいがち。歳を重ねるほどに美容液への好奇心は高くなる傾向があるものの、「贅沢品かな?」「まだ早いかな?」と思いきれない気持ちになっている女性は結構多いのではないかと思います。

セラミドは皮膚表面の角質層の健康を守るために大変重要な要素であるため、老化が気になる肌やアトピーの肌にはセラミドの補充は極力欠かしてはいけないものの1つに違いありません。

お気に入りのブランドの新商品が1パッケージになったトライアルセットも販売されていて非常に好評です。メーカーサイドでとりわけ販売に力を注いでいる新発売の化粧品を効果がわかりやすいように一通りパッケージにしたものです。