我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日も取りとめもなくふっくら素肌になるケアの事をまとめてみる。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

40代以降の女の人であれば誰しも気がかりな老化のサインともいえる「シワ」。丁寧な対処法としては、シワに対する効き目が望めるような美容液を毎日のお手入れに使うことが大変重要だと思います。

乳児の肌がプルンプルンしてプルプルとした張りがあるのはヒアルロン酸をとても多く体内に持っているからに違いありません。水分を保つ力が非常に高い物質であるヒアルロン酸は、皮膚の瑞々しさを守るための化粧水のような基礎化粧品に入れられています。

洗顔料で顔を洗った後は時間をおくと化粧水の保湿成分が肌に吸収される割合は低くなります。また洗顔料で顔の汚れを落とした後が一番乾燥が進んだ状態になるので、短時間のうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水を塗らないと乾燥が進みます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が一番豊富で、30代以後は急速に減り幅が大きくなり、40代を過ぎる頃には乳児の時と対比してみると、5割ほどにまで落ちてしまい、60歳を過ぎるとかなり減ってしまいます。