我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

知っトク!美しくなるケアについて調べています。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

まだ若くて健やかな状態の皮膚にはセラミドが豊富に含有されており、肌も張りがあってきめ細かくしっとりしています。しかし残念なことに、加齢と共にセラミド保有量は減少します。

美容液とは肌のずっと奥にまで入り込んで、根本から肌を元気づける栄養剤です。美容液の大切な役目は、どこにでもある基礎化粧品ではなかなか届かない肌の「真皮」の層にまで適切な栄養成分を送り込むことだと言えます。

流通しているプラセンタには使用される動物の違いだけでなく、日本産とそうでないものがあります。厳しい衛生管理下でプラセンタを生産していますので安全性にこだわるならば推奨したいのは当然国産で産地の確認ができるものです。

経口摂取され体内に入ったセラミドは一度は分解されて異なる成分に変異しますがその成分が皮膚の表皮に到達することでセラミドの生合成が開始され、角質層のセラミドの含有量が徐々に増加すると考えられているわけです。