我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日も暇なので美しさを作る対策の事をまとめてみました。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

加齢肌への対策としてとりあえず保湿と潤い感を甦らせるということが最も重要なのです。お肌にたくさんの水を確保することで、肌に備わっている防護機能がうまく作用してくれるのです。

肌に備わっている防御機能によって水分が失われないようにしようと肌は奮闘しているのですが、その大事な働きは年齢とともに衰えていくので、スキンケアの際の保湿で足りなくなった分を補充することが必要になるのです。

ほとんどの市販の化粧水や乳液などの化粧品や健食に使用されているプラセンタは馬や豚の胎盤を原料としているものが使われています。安全性が確保できるという面から他由来のものと比較して、馬の胎盤や豚の胎盤から作られるものが明らかに一番安心して使えます。

日光にさらされた後に一番にやるべきこと。それは、通常より着実に保湿することこれが本当に需要な行動なのです。本当は、日焼けをした直後ばかりではなく、保湿は日課として実行する必要があります。