我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

暇なのでいきいき素肌を保つケアの情報を綴ってみました。

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

たつきが気になる脂性肌の人、カサつきがちな乾燥肌の人、そしてどちらも併せ持つ混合肌の人まで存在します。それぞれに対して理想的な保湿化粧品が売られていますから、自身の肌の状況に合っているものを見つけることが非常に重要です。

セラミドを食材やサプリなどの内部からと、美肌効果のある化粧品などの外部から摂るということで、上手く健全な肌へと向かわせることが可能であるのではないかと思われています。

1gで6リッターもの水分を抱え込める成分だと言われているヒアルロン酸は、人間の身体の皮膚を始め数多くの箇所に大量に存在しており、皮膚の中でも特に真皮といわれるところに多量にある特質を示します。

年齢を重ねることや日常的に紫外線を浴びると、身体の中の至る所にあるコラーゲンは固まってしまったり体内での量が減少したりします。このような現象が、皮膚のたるみやシワが発生する誘因になります。