我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

相も変わらずつやつや素肌を保つケアの事を書いてみる。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

無添加と謳われている化粧水をいくつかある中で選んでいるので問題はない」なんて想定している方、その化粧水はどんな成分が無添加なのでしょうか?実際のところ、添加物の中の1つを添加しないというだけでも「無添加」と表現して何の問題もないのです。

普通に売られている化粧水などの基礎化粧品や健食に使用されているプラセンタは馬や豚が由来のものが利用されています。安全性の面から言えば、馬の胎盤や豚の胎盤から抽出したものが間違いなく一番安心して使えます。

セラミドについては人間の肌表面にて外部攻撃から保護する防護壁的な役目を果たしていて、角質のバリア機能といわれる重要な働きを担当している皮膚の角質層に存在するかなり大切な物質を指すのです。

「美容液」と簡単にいっても、数多くの種類が存在しており、適当にまとめてこれと説明するのはちょっと難しいと思いますが、「化粧水というアイテムと比較するとより多く美容成分が使われている」とのニュアンス に似ているかもしれません。