我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も突然ですが年齢に負けない素肌ケアの情報をまとめてみる。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

「美容液」と一口に言いますが、数多くの種類が存在しており、大雑把にまとめて片付けるのはかなり難しいのですが、「化粧水よりも多く美容成分が使われている」というような意味 に近い感じです。

20歳過ぎてからの肌トラブルの要因は主にコラーゲンが十分に足りていないことによるといわれています。肌の組織のコラーゲン量は加齢とともに減少し、40代の声を聴くと20歳代の約5割程度しかコラーゲンを作れないようになってしまいます。

コラーゲンというものは高い伸縮性を持つ繊維性タンパク質の一種で細胞を密に接着する役目を持ち、ヒアルロン酸という化合物は繊維状に結合して構成されたコラーゲンの隙間に存在して、水分量が不十分になることを防ぎます。

化粧水の使い方に関しては「化粧水を少しだけつけても効果はない」「浴びるようなイメージで使用するといい」なんて聞くことがありますね。試してみると実感できることですが潤いをキープするための化粧水の量は少なめにするより多めに使う方がいいと思われます。