我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

ダラダラしてますが美しさを保つ方法を集めてみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

とても乾燥した皮膚の健康状態で悩んでいるならば、身体の組織にコラーゲンがしっかりとあれば、ちゃんと水分が保有できますから、ドライ肌対策に有益なのです。

加齢に伴うヒアルロン酸の体内量の低減は、潤いのある肌の瑞々しさを著しく悪化させる以外に、肌全体のハリもダウンさせ乾燥しやすい肌やシミ、しわができる要因 となる可能性があります。

一般的にほとんどの女性がスキンケアのためにほぼ毎日使う“化粧水”。それ故に化粧水の質にはこだわり抜きたいものですが、特に暑い時期にとても気になる“毛穴”の問題解消にも質の良い化粧水は最適なのです。

よく知られていることとして「高価な化粧水をちまちま使うのは不正解」「十分潤いを与えるほどにたっぷりと使うべきである」なんてことを耳にしますよね。試してみると確かに化粧水の使用量は少量よりたっぷり使う方がいいことは事実です。