我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も何気なく美容についての考えを綴ってみる

老いることで顔の印象を左右するシワやたるみが肌に生じてしまうわけは、欠くことのできない大切な要素であるヒアルロン酸そのものの量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが困難になってしまうからに他なりません。

よく聞くプラセンタとは英語で哺乳動物の胎盤を示すものです。化粧品や健康補助食品などで近頃ひんぱんに今話題のプラセンタ配合見かけたりしますが、これについては胎盤という臓器そのもののことを指すのではありませんので心配する必要はありません。

もともとヒアルロン酸とは生体内のあらゆる臓器や結合組織に存在するゼリー状の物質で、並外れて保水する機能に優れた保湿成分で、ビックリするくらい多量の水を吸収して膨らむと言われます。

20歳過ぎの人たち特有の肌の悩みを引き起こす多くの原因はコラーゲンの不足によると考えられます。肌の組織のコラーゲン量は年ごとに減少し、40代を過ぎると20代の頃と比べておよそ50%しかコラーゲンを合成できなくなります。

加齢が原因となる体内のヒアルロン酸含量の低減は、肌の若々しさを大きくダウンさせるばかりではなく、肌全体のハリも奪い辛い痒みのある乾燥肌やシミ、しわ発生のもと になる恐れがあります。