我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

くだらないですが、すべすべ素肌を作る方法についての考えを綴ってみます。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

エイジングや過酷な紫外線を浴びたりするせいで、体内のコラーゲンは弾力性を失い固まってしまったり体内での量が減少したりします。これらの現象が、皮膚のたるみ、シワができてしまう主なきっかけとなります。

美容液から思い浮かぶのは、値段が高くてこれといった理由もなく上等なイメージを持ってしまいます。年齢を重ねるにつれて美容液への好奇心は高まってくるものの、「贅沢品?」とか「まだ早い?」などの考えで今一つ踏み出せない女性は多いように感じます。

美容液という名のアイテムは基礎化粧品の中の1つで、洗顔料で顔を洗った後に、化粧水で失われた水分をプラスした後の皮膚に塗布するというのが基本的な使用方法になります。乳液状の製品形態となっているものやジェル状になっているものなど沢山の種類が存在しています。

保湿の重要ポイントは角質層が隅々まで潤うこと。保湿成分が潤沢に含まれた化粧水で角質層を十分にうるおし、プラスした水分量が飛んで行かないように、乳液とかクリームをつけてオイル分によるふたをして水分を閉じ込めましょう。