我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もとりあえずもっちり素肌ケアの要点を調べてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

しばしば「化粧水はケチらない方がいい」「たっぷり贅沢につけた方が肌のためにもいい」という風に言われていますね。間違いなく使用する化粧水は少量より十分な量の方がいいかと思います。

食品として体内に摂取されたセラミドは生体内で分解され異なる成分となりますが、それが表皮まで届くとセラミドの生成が促進され、皮膚表皮のセラミド含有量がアップしていくと考えられています。

基本的には、ヒアルロン酸の美容効果を体感するには1日あたり200mg超身体に取り込むことがお勧めなのですが、ヒアルロン酸を含む食品は非常に少なく、日常の食生活において経口摂取することは容易なことではないはずです。

天然の美容成分であるヒアルロン酸は細胞同士の間に多く含まれていて健康な美しい肌のため、保水効果の持続であるとか衝撃を受け止めるクッションのような役割を担い、全身の細胞をガードしています。