我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もやることがないので弾む素肌を作るケアの事を綴ってみる。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

無添加と表示されている化粧水を使うようにしているから大丈夫なはず」なんて想定している方、その化粧水の何が無添加か確認しましたか?本当のことを言うと、様々な添加物の1つを添加しないというだけでも「無添加」を売りにしていいのです。

セラミドを食品や健康補助食品サプリメントなどの内部からと、基礎化粧品などの外部から摂るということによって、上手く健康な肌へと誘導していくことが可能ではないかといわれているのです。

水分保持能力の高いヒアルロン酸はコラーゲンおよびエラスチンからできた網目状のネットワークの間を満たすような状態で存在しており、水を抱える作用によって、みずみずしく潤いにあふれたハリや弾力のある肌に整えてくれます。

肌に化粧水を浸透させるやり方として、100回もの回数掌全体でパッティングするという説を見かけますが、このような方法は実行するべきではありません。敏感肌の場合毛細血管を痛め気になる「赤ら顔」の原因になってしまいます。