我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もなんとなくツルツル素肌を保つ方法を綴ってみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

最近よく聞くプラセンタいう言葉はもとは英語で哺乳類が持つ胎盤を意味するものです。基礎化粧品や健康食品・サプリメントでこのところよくプラセンタを贅沢に含有など目にする機会がありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを指すのではありませんので不安に思う必要はありません。

プラセンタ美容液と言えば、老化防止効果や高い美白作用などの印象が強い一歩進んだ肌ケアのための美容液ですが、気になるニキビの炎症を抑制して、凹凸のあるニキビ痕にもその効果を発揮すると評判を集めています。

無添加が売りの化粧水を意識して選んでいるので大丈夫なはず」なんて考えている方、その化粧水が間違いなく無添加であると確認して使っていますか?本当のことを言うと、多くの添加物の中の1つを配合していないというだけでも「無添加」の製品として差支えないのです。

美白化粧品を利用すると肌が乾燥気味になるとよく言われますが、今では、高い保湿効果のある美白用スキンケアもありますので、乾燥が不安な人は騙されたと思って使用感を確かめてみる価値はありそうだと感じます。