我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

なんとなく年齢に負けない素肌を保つケアの要点を書いてみました

身体の中のあらゆる部位において、次々と酵素によるコラーゲンのアミノ酸への分解と種々の酵素による再合成が繰り返し行われ新しいものにチェンジされています。老化が進むと、この絶妙な兼ね合いが失われることとなり、分解活動の方が増えてきます。

保湿成分であるヒアルロン酸は人体の細胞と細胞の間のあらゆる箇所に広範囲に分布しており、美しく健康な肌のため、高い保水能力の持続やクッションのように支える働きで、大切な細胞を様々な刺激からガードしています。

ほとんどの市販の美肌用化粧品や健康食品・サプリに配合されているプラセンタは馬や豚が原料になっているものです。品質的な安全面から評価した場合、馬や豚の胎盤を原料としているものが明らかに安心感があります。

もともとヒアルロン酸とは人間の体内の方々に広く存在している、ヌルっとした粘性液体を指し示しており、生化学的な言い方をするとムコ多糖類の一成分と解説できます。

世界史上歴代の美しい女性とされ名を残す女性達がプラセンタを美容や健康の維持と若さを保つ効果に期待して使用していたといわれ、相当古い時代からプラセンタが美容に大変有益であることがよく浸透していたことがうかがえます。