我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

なんとなくツルツル素肌対策をまとめてみます

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

加齢肌へのアンチエイジング対策としてはなによりもまず保湿と柔らかな潤いを甦らせることが最も重要なのです。お肌に水を多量に保有することで、角質防御機能がしっかりと作用するのです。

ヒアルロン酸の量は乳児の頃に最も多く、30代から急激に減るようになり、40歳代では赤ちゃんの頃と比較すると、ほぼ5割まで落ちてしまい、60代の頃にはかなり失われてしまいます。

保水力のあるヒアルロン酸が真皮の部分でたくさんの水を保ち続けているおかげで、外の環境が様々な緊張感や変化によって乾燥することがあっても、肌のコンディションはつるつるツルツルのままの綺麗な状態でいることができるのです。

皮膚の表面にある表皮には、硬くて丈夫なタンパク質を主体とした角質層と呼ばれる一種の膜が存在しています。この角質層を構成する角質細胞の間を満たしているのが人気の「セラミド」という細胞間脂質の主成分です。