我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日も突然ですが毎日の美容方法について綴ってみた

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

体内に取り込まれたセラミドは分解されて他の成分と姿を変えるのですが、その成分が皮膚表皮まで行き届くことでセラミドの生合成が開始され、表皮においてのセラミドの生産量が徐々に増加するのです。

原則的に美容液とは、美容や美肌に効果のある成分を濃縮して、高い濃度で入れた抽出物で、絶対手放せなくなるものといったものではないのですが、肌につけると次の日の肌のハリ感や瑞々しさの大きな差に唖然とするはずです。

肌の老化対策としてとりあえず保湿と適度な潤いを甦らせることが大事ですお肌に豊富に水を蓄えることによって、肌に本来備わっているバリア機能が適切に働いてくれるのです。

コラーゲンの効用で、肌にハリやつやが戻ってきて、気になっていたシワやタルミを健全に整えることができることになりますし、なおかつ乾燥によりカサカサになったお肌のケアも期待できます。