我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

ダラダラしてますが美しくなる方法の要点をまとめてみました。

石鹸などで顔を洗った後は何もしないでいると化粧水が肌へしみこむ割合は低下します。また石鹸などで洗顔した後がもっとも乾燥が悪化するので、潤いがなくならないうちに肌を乾燥から守る保湿成分の入った化粧水をしみこませないと乾燥してカサカサ肌の原因になってしまいます。

赤ん坊の肌が水分たっぷりでふっくらとした張りがあるのはヒアルロン酸を非常に多く有しているからです。保水する能力が高いヒアルロン酸は、しっとりと潤った皮膚をきちんと保つ化粧水などに保湿成分として有効に使用されています。

心に留めておいていただきたいのは「たくさんの汗が滲み出たまま、急いで化粧水を顔に塗ってしまわない」ようにすることなのです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水が混ぜ合わされてしまうと肌に思わぬ損傷を与えかねないのです。

美白を目的としたお手入れに励んでいると、無意識のうちに保湿が大事だということをど忘れするものですが、保湿もしっかり実践しないと期待ほどの成果は出ないというようなこともあるはずです。

毛穴のケアの仕方を調査した結果、「毛穴引き締め効果の高い質の良い化粧水で手をかけている」など、化粧水を利用して日常的にケアをしている女性は全員の25%前後にとどまることがわかりました。