我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

ヒマをもてあましてマイナス5歳肌を作る対策の要点を書いてみる。

老いることで顔の印象を左右するシワやたるみが肌に生じてしまうわけは、欠くことのできない大切な要素であるヒアルロン酸そのものの量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが困難になってしまうからに他なりません。

セラミドは角質層の機能を守るために必須となる要素なので、年齢により衰えた肌やアトピーの敏感な肌にはセラミドの補充は何とか欠かしたくないものの1つであることは間違いありません。

強い紫外線にさらされた後に一番にやってほしいこと。それこそが、しっかり保湿することです。この保湿が何よりも重要なものなのです。加えていうと、日焼けしてすぐに限るのではなく、保湿は日ごろから行った方がいいでしょう。

皮膚表面には、ケラチンという硬タンパク質の一種からできた角質層と呼ばれる膜が覆うような形で存在しています。この角質層を構成する細胞間にできた隙間を充填しているのが「セラミド」といわれている細胞間脂質の代表的な成分です。

セラミドは皮膚の表層にある角質層の機能を守るために不可欠となる物質なので、加齢により老化した肌やアトピー性皮膚炎でダメージを負った肌にはセラミドの補充はどうしても欠かしたくない手入れの1つです。