我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

気になる!美肌を保つ対策を綴ってみました

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

美容液を使ったから、絶対に白い肌を手に入れることができるとは言い切れません通常の着実なUV対策も重要なのです。可能な限り日焼けをせずに済むための工夫を前もってしておきましょう。

乳児の肌が水分たっぷりでつやつやとした張りがあるのはヒアルロン酸をふんだんに含有しているからだと言えます。保水する力がかなり高い成分のヒアルロン酸は、肌の潤いをしっかり保つための化粧水や美容液などに添加されています。

肌の一番外側にある表皮には、丈夫な繊維質のタンパク質で形成された角質層という部分で覆われた層が存在します。その角質層の角質細胞と角質細胞の間に存在しているのが「セラミド」と名付けられている脂質の一種です。

ヒアルロン酸とはそもそも人間の体内に広く分布している物質で、並外れて水分を維持する秀でた特長を持った天然の美容成分で、非常に大量の水を吸収することができると言われます。