我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

やることがないので毎日の美容方法についての考えを綴ってみる

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

美容液という言葉から連想されるのは、高い値段で根拠もなく上質な感じを持ちます。歳とともに美容液に対する好奇心は高まる傾向がありますが、「贅沢品?」とか「まだ早い?」などと言って思いきれない気持ちになっている女性は多いと思います。

皮膚表面には、ケラチンという硬いタンパク質より形成された薄い角質層で覆われた層が存在します。この角質層を形作っている角質細胞間を満たしているのが「セラミド」と呼ばれている細胞間脂質の代表的な成分です。

アトピー性皮膚炎で乾燥しがちな肌の治療に使われることも多い最強の保湿成分セラミド。このセラミドが入った刺激性の低い化粧水は保湿する効果が高く、肌ダメージの要因からブロックする機能を強いものにしてくれます。

美容成分としての働きのためのヒアルロン酸は、保湿やエモリエント効果を製品コンセプトとした化粧水のような化粧品類やサプリで利用されたり、危険性が少ない成分なのでヒアルロン酸注射という美容治療としても幅広く活用されているのです。