我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日もやることがないので美容ケアについての考えを綴ってみます。

現在はそれぞれのブランド別のトライアルセットが豊富にあるから、気に入った化粧品は買い揃える前にトライアルセットを注文して使い心地などを十分に確認するとの手法があるのです。

女の人は通常洗顔ごとの化粧水をどのようにして肌に使っているのでしょうか?「手で直接肌につける」と言った方がかなり多いという結果になって、「コットンを使う派」は思いの外少数派でした。

セラミドは表皮の角質層の機能の維持に非常に重要な物質なので、老化が目立つ肌やアトピーの肌にはセラミドの追加は欠くことのできないものの1つなのです。

乳児の肌が潤いに満ちてつややかな張りがあるのはヒアルロン酸を大量に皮膚に含んでいるからです。水分を保持する能力が非常に高い物質であるヒアルロン酸は、しっとりと潤った肌をきちんと保つ化粧水や美容液に保湿成分として配合されています。

経口摂取されたセラミドは一度は分解されて違う成分に変異しますが、その成分が皮膚表皮まで行き届くことでセラミドの生成が促進され、表皮におけるセラミドの保有量が増加していくとされています。