我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

やることがないので美肌関連の要点を綴ってみました。

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

最近のスキンケアには欠かせない美容液は肌の奥深い部分まで行き渡って、根本から肌を元気づける栄養剤です。美容液の仕事は、通常の化粧品では到達しない肌の奥の「真皮」まで十分な栄養分を届けてあげることになります。

プラセンタを配合した美容液と聞けば、老化防止効果や美白効果などのイメージがより強い美容液と思われがちですが、赤く腫れあがったニキビの炎症を確実に抑制して、皮膚が陥没したニキビ痕にも有効に働くととても人気になっています。

セラミドは皮膚の角質層内において、細胞間でスポンジの様に機能して水分や油を保っている脂質の一種です。肌や髪の毛の潤いを守るために欠くことのできない働きをするのです。

心に留めておいていただきたいのは「かいた汗が滲んでいる状態でお構いなしに化粧水を顔につけない」ことなのです。塩分や老廃物を含んだ汗と化粧水がブレンドされると肌に深刻な損傷を与えてしまうかもしれません。