我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

ダラダラしてますがいきいき素肌になるケアの要点をまとめてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

美容液を使ったから、誰もが必ずしも白い肌になれるとは限らないのが現実です。通常の理に適った紫外線への対策も重要です。極力日焼けをせずに済むための工夫を考えておくのがいいでしょう。

皮膚の一番外側にある表皮には、ケラチンという硬くて頑丈なタンパク質からできた強固な角質層が覆うように存在しています。この角質層を構成している細胞同士の隙間をモルタルのように埋めているのが「セラミド」といわれている細胞間脂質の主成分です。

今現在までの研究の結果では、胎盤から抽出されたプラセンタには単に様々な種類の栄養成分のみにとどまらず、細胞が分裂する速度を適度に調節する成分が組み込まれていることが事実として判明しています。

セラミドは肌の保水といった保湿能力の改善とか、皮膚から水分が蒸発してしまうのを防いだり、外界から入る刺激あるいは汚れや黴菌の侵入を防いだりするような役割を担っています。