我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

くだらないですが、毎日の美容対策の要点をまとめてみました。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

保湿成分であるヒアルロン酸は人体の細胞と細胞の間のあらゆる箇所に広範囲に分布しており、美しく健康な肌のため、高い保水能力の持続やクッションのように支える働きで、大切な細胞を様々な刺激からガードしています。

年齢肌への対策としてはまずは保湿と潤いを回復させることが大事ですお肌に水を十分に確保することで、肌に備わっている防護機能が適切に働くのです。

「無添加と言われる化粧水を意識して選んでいるので安心だ」なんて想定している方、その無添加化粧水は本物の無添加ですか?一般にはあまり知られていませんが、添加物を1種類無添加としただけでも「無添加」と表示していいことになっているのです。

現在に至るまでの研究結果では、プラセンタの多くの有効成分の中には単純な栄養補給成分のみではなくて、細胞が分裂する速度を正常に調整する働きを持つ成分がもとから含まれていることが認識されています。