我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

取りとめもなくつやつや美肌になる方法について綴ってみた

「美容液は高価なものだからほんの少量しか使えない」と言っている方もおられますが、栄養剤の役割を持つ美容液をケチって使うなら、当初より化粧品を買わない主義になった方が良いかもしれないとすら思ってしまいます。

基礎化粧品の中でも美容液と聞けば、高い値段でどういうわけか上等な印象を持ってしまいがち。年代が上がるにつれて美容液に対する期待感は高まってくるものの、「贅沢品」とか「まだ早い」などと最初の一歩を踏み出せない方はたくさんいると言われます。

若々しい健康な状態の肌にはセラミドがふんだんに保有されているので、肌も潤ってしっとり感があります。しかし残念なことに、加齢などの原因で肌のセラミド量は低下していきます。

美容液というのは肌のずっと奥まで行き渡って、肌を根本的な部分より若々しくしてくれる栄養剤です。美容液の嬉しい働きは、普通の化粧品ではなかなか到達しない肌の「真皮」の層まで適切な栄養成分を運ぶことだと言えます。

コラーゲンの薬効で、肌にハリや弾力が再び戻り、気になっていたシワやタルミを健康な状態に戻すことができるということですし、おまけに乾燥によりカサカサになったお肌に対するケアにもなってしまうのです。