我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

またまたみずみずしい素肌になるケアについての考えを綴ってみます。

体内のヒアルロン酸の量は乳児の頃が最大で、30代以後は急速に減少していき、40代の頃には乳児の時期と比較すると、約5割程度に落ちてしまい、60歳を過ぎるととても少なくなってしまいます。

この頃の化粧品のトライアルセットとは無料にして配られるサンプル等とは異なり、スキンケアの結果が現れる程度の絶妙な少なさの量を格安にて売っている商品です。

「無添加と言われる化粧水を使用しているから安心できる」などと油断している方、その化粧水の何が無添加か確認しましたか?本当のことを言うと、1種類の添加物を除いただけでも「無添加」を訴求して特に問題はないのです。

現在に至るまでの様々な研究のお蔭で、プラセンタの多様な有効成分の中にはただの栄養素としての豊富な栄養成分ばかりでなく、細胞が分裂する速度を適切な状態に制御する成分がもともと含まれていることが発表されています。

体の中に入ったセラミドは一度は分解されて他の成分に変わってしまいますが、それが皮膚の表皮に行き届きセラミドの生成が促進され、角質のセラミド量がどんどん増えていくと考えられています。