我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

今日もあいかわらずつやつや素肌対策の事を書いてみました

老化や日常的に紫外線に曝露されることにより、体内のさまざまな所に存在しているコラーゲンは劣化して硬くなったり体内含有量が減少します。これらのことが、皮膚のたるみ、シワを作ってしまうきっかけとなります。

加齢肌への対策としてとりあえず保湿と潤い感を甦らせるということが最も重要なのです。お肌にたくさんの水を確保することで、肌に備わっている防護機能がうまく作用してくれるのです。

最近よく聞くプラセンタとはもとは英語で哺乳類が持つ胎盤を示します。化粧品や美容サプリなどで頻繁にプラセンタ高配合など目にすることがありますが、これ自体胎盤自体のことを示しているのではありませんからご安心ください。

皮脂が過剰に分泌される脂性肌の人、肌がカサつきがちな乾燥肌の人、更に両方を併せ持つ混合肌の人もいるのです。各々に専用の保湿化粧品が市販されているので、あなたのタイプに相応しい商品を探し出すことが最も大切になります。

歳をとったり太陽の紫外線を浴びてしまったりするせいで、全身のあらゆる組織に存在するコラーゲンは劣化して硬くなったり量が減ったりするのです。これらのことが、老け顔の元凶である皮膚のたるみやシワが生まれる要因になります。