我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

なにげなーくきれいな肌になる対策の事を調べてみました。

「無添加で有名な化粧水を使うようにしているから大丈夫だろう」と油断している方、その化粧水は本当の無添加品ですか?実を言うと、添加物の中の1つを添加しないというだけでも「無添加」と宣伝して差支えないのです。

コラーゲンという生体化合物は実はタンパク質の一種で、グリシンなどのアミノ酸が繊維状につながって構成された化合物です。人間の身体を作っている全タンパク質のうち約3分の1がそのコラーゲンによって占められています。

一般的に女性は洗顔のたびの化粧水をどうやって肌につけているのでしょうか?「手を使って直接つける」と返答した方がダントツで多数派という結果になり、コットンを使うとの回答はあまりいないことがわかりました。

プラセンタを摂って基礎代謝が上がったり、肌のコンディションが改善されたり、いつも以上に寝起きが改善されたりと効き目があると体感できましたが、副作用に関しては全然ないように思えました。

「美容液はお値段が高いからほんの少しずつしか塗布しない」という声も聞きますが、肌に大切な美容液を出し惜しみするなら、当初より化粧品を買わない生活にした方が良いのではとさえ思ってしまいます。