我々は「体」に何を求めているのか

40を過ぎた子育てママがネットで見つけた美と健康に関する情報を自分用にだらだら書きためたりしています。

本日も突然ですが年齢に負けない素肌を作るケアの要点を書いてみました

老いることで顔の印象を左右するシワやたるみが肌に生じてしまうわけは、欠くことのできない大切な要素であるヒアルロン酸そのものの量が少なくなってしまい十分に潤った肌を保つことが困難になってしまうからに他なりません。

ひとつひとつのブランドの新商品がパッケージとして組まれたトライアルセットも存在し大人気です。メーカー側でことのほか注力している新シリーズの化粧品を一式にしてパッケージとして組んだものです。

赤ん坊の肌が水分たっぷりで張りやツヤがあるのはヒアルロン酸をとても多く体内に持っているからに違いありません。水分を保つ力が強いヒアルロン酸は、潤いのある皮膚を守る働きをする化粧水や美容液に効果的に利用されています。

プラセンタという言葉は英語でPlacentaと綴り胎盤を意味しています。美肌化粧品や美容サプリメントで最近よく今話題のプラセンタ配合目にする機会がありますが、これについては器官としての胎盤そのもののことを示しているのではないので心配する必要はありません。

セラミドという物質は、肌のターンオーバーの過程で作り出される“細胞間脂質”のことで、3%ほどの水を抱き込み、細胞同士を接着剤のような役目をして接着する重要な働きを持つ成分です。